top of page
検索
  • jiritsuken9

「社員は家族」は経営者の思い込みだ

組織のトップに社員全員が心からついていくようなことなど、ありえません。経営者の背中には、必ず裏切りのレーザーの照準があたっています。だからついて来ていない部下を、ついて来るように物語を見せながら、騙し騙し作っていくのが、人の組織集団というものです。


「私の社員、スタッフは仲間、家族なんです。みんな私についてきてくれます」と自慢している経営者の役員と社員が、あっという間にトップを見限り、他の会社の仲間になるケースは決して珍しくありません。これは「甘ったるいことばかり言って、スタッフの処遇改善や適切な評価にまったく手をつけていなかった」ということです。言っていることが嘘ばかりだと見抜かれているのです。


とくに辞めてほしくない幹部の報酬は、常に見直すべきです。経営者が「社員は家族」だと、本当に思っているのならば、報酬を見直しているはずです。それをやらない経営者は、甘えているか、人間が分かっていないかのどちらかです。


人の評価はまず報酬です。「金じゃない」と言うのは、ダメな経営者の口癖です。評価は報酬です。




閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page