top of page
検索
  • jiritsuken9

事業も人も忘れるくらいにじっと待つ

屈まなければ跳べません。我慢があるから実りがあります。その状況でしばらく力を蓄え、様子を見るのがコツです。真の身内の関係性を固めてから、次のステージに移るのが失敗しない鉄則です。


逆に言えば、急いで仲間内を固めようとせず、今の手駒でやり過ごすのが、自分自身の力をつける試金石になるのです。焦ってはいけません。


急いで物事を実行すると、必ず綻びが生じ、元の木阿弥になってしまいます。考えて、考えて、考えて、考え抜いて、実践して、また考え抜くというパターンが賢明です。時流や勢いではなく、しっかり計画して実践するのが、結果として早道なようです。


もちろん、思索や思考は、深ければいいというものではありません。あまりに深いと、堂々巡りしてしまい、結果を導き出せなくなってしまいます。適度な熟考、熟慮を頻繁に繰り返すのが建設的です。


人間関係でも、すぐに結果を求めるのは、得策ではありません。忘れるくらいにじっと待つべきなのです。「慌てる乞食は貰いが少ない」というのは真実です。




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page