top of page
検索
  • jiritsuken9

運を尽きさせないためにも適度に捨てよ

運が尽きないようにするためには、周りの人を喜ばせたり、助けたりすることが大切です。周りの人たちの喜びは、自分の推進エネルギーとなります。


気をつけるべきは、「おかげ」をいただかないようにすることです。自社仏閣でも「おかげ」を貰うことで頭がいっぱいの人たちは亡者であり、餓鬼ですので、餓鬼道を歩きます。感謝と施しは菩薩道であり、ゆったりと人の道を極めることができます。


一流の人と三流の輩の違いは、この感謝エネルギーの獲得がポイントなのです。


たとえば自分の祝い事を他人の金でしてもらう人のその後を見てみると、事業倒産や病気など悪いことが起こりがちです。人間は捨ててリセットします。捨てて、最も効果があるのは金です。


他人を喜ばせる施しは、何もないところに運気の渦を創り出します。意識の空間に気の穴を開け、エネルギーを取り出す運穴を創り出します。


他人から金を集めることは、他人からの毒を我が身に入れているようなものです。よほど強くなければ耐えられません。




閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page